TOWN

本当は秘密にしたい、足湯カフェ。

札幌も本格的な冬が到来しましたね。
「去年よりも寒いんじゃないか!?」って毎年毎年思ってしまう。
冬眠するしか( ˘ω˘ ) スヤァ…

 

寒い冬こそ、温泉。
札幌の温泉街といえば定山渓温泉街ですが、定山渓は足湯も豊富なのも魅力の一つ。

そんな定山渓に、
あまり人には教えたくない「足湯カフェ」があるのです。
今回はこっそりと、少し紹介したいと思います。少しだけ。少しだけ。

 

 

札幌中心部から車で約1時間。温泉街の中にあります。

定山渓には何回か訪れていますが、こんな所があったなんて。

 

 

奥に進むと、色づき始めた紅葉が迎えてくれました。
この時は10月中旬だったので。今時期はもっと素晴らしい紅葉が見れると思います。

この建物が、心の里 定山

写っているのは、北大前店の平野主任(プライベートモード)

 

 

 

受付にて1,500円(お一人様)を先にお支払い。
足湯・ラウンジ利用・茶菓子お飲み物料金・施設内の中島文庫の入館料が含まれて1,500円。
注意していただきたいのが、小学生以下は利用できないということ。

タオルやひざ掛け、足袋ソックスやちゃんちゃんこ、ハンドクリームやボディクリームも無料で利用できます。
極めつけは、ご利用時間に制限なし!このサービス、素晴らし過ぎませんか。

 

 

静かな時間が流れていて、とてもカシャカシャと写真を撮ることはムードぶち壊しなので、
こんな感じですよ~という雰囲気が伝われば良いのですが。

 

この日、なんと私たち(アラサー女子二人)以外男女のペアでした。
嗚呼。ひんやりとした風がなんだが痛い・・・・
でも来たからには、満喫して帰ってやるんだ。

珈琲にや紅茶にハーブティー、抹茶クッキーやシフォンケーキ、わらび餅などがありました。
その日によって変わるのかな。

 

 

足湯には、
定山渓の老舗宿「ぬくもりの宿ふる川」の“熱の湯”とも言われる保温に優れたナトリウム塩化物泉が使われています。
バードウォッチングを楽しめる足湯や、グループで入れる足湯もあります。

他愛もない話をしたり、もの思いにふけってみたり、読書をしたり。過ごし方はあなたの自由。
鳥の声や、木々の揺れる音、滝の音。これぞ自然のヒーリング。

 

 

 

2時間程滞在。営業終了時間の18時まで居ました。最後は貸し切り状態。
しっかり満喫しちゃいました。
ヒーリングラウンジや、自然専門書ライブラリーなどもあり、楽しみ方は様々。

 

 

 

 

雨の日も雪の日も楽しめる足湯ですので、
是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

↓↓詳しい情報はこちらをご覧ください↓↓

https://www.kokorono-sato.jp/

所在地

この記事を書いた人
アバター
だなっちゃん ライター

音楽と面白いこと、美味しいお酒が大好き。イエッタの中の人。物件の紹介は営業の方に任せ、ただひたすら札幌市内の素敵な飲食店なんかを見つけては仲良くなりに行く。中の人。

PAGE TOP