TOWN

非日常空間で味わうダッチパンケーキ|FEATHER CAFE(フェザーカフェ)

皆さん、こんにちは。イエッタ編集の平野です。

先日ふとインスタを見ていて「すごいお洒落なお家を作るハウスメーカーさんだなー。将来こんな家住みたいなー。」なんて思いながら「Feather Home(フェザーホーム)」さんのアカウントを見ていた私。なんと東区にコンテナでカフェを作っている?!という投稿を見て、11月15日にオープンしたばかりの「FEATHER CAFE(フェザーカフェ)」さんへ行ってきました。

その魅力をたっぷりお伝えしていきます!!

北24条駅から東へ向かってまっすぐ歩き北向きの一方通行を北上していくと角に白いコンテナが見えてきます。

コンテナハウスで非日常体験を

こちらのお店ですが、ハウスメーカーの「Feather Home」さんが非日常空間が味わえるコンテナハウスを提供し、豊平区にあるケーキ店「パティスリー ジョネス」のオーナーパティシエ・若山さんが料理のレシピを監修し、「FEATHER CAFE」として誕生したそう。

ここがカフェ!?と思うような外観。

北側へ回ってみると…

なんと白いコンテナが4つもあります。

↓こちらが全体図になります。

こちらが全体図

コンセプトは「笑顔と心地よさを追求した素敵なお店」

イートインスペースのコンテナへ入ってみると海外製の塗料でペイントされたというお洒落空間が。

1点物のヴィンテージ家具が使われているそうで、木のぬくもりが落ち着きのある空間を演出しています。

コンテナって寒いのかな…なんて思ってましたが、エアコンもついていてとても暖かく落ち着く空間。

こちらのお席は予約専用でプロジェクターもついているので、ミーティングなどに最適です。

天気のいい日にはこちらの暖房付きテラス席で空を眺めながら「半外空間」も楽しめるという全く異なる4種のコンテナがあります。コンテナ同士はウッドデッキで繋がっており、外には「インスタ映え」スポットも。

ご注文は真ん中のコンテナから。

Order Here」と書いてある真ん中のコンテナから入ります。席は注文後案内してくれますので、ご安心を。

ショーケースには色鮮やかなケーキが並んでいて、見ているだけでワクワクしてきます。

ケーキはパティスリージョネスさんから仕入れているそう。

日本一のこだわり卵で作るプリン

「フェザープリン」 ¥418-

こちらのプリンはお店で焼き上げて手作りされているもので、「日本一こだわり卵」という普通の卵の30倍もビタミンEが含まれている極上の卵で作られています。私も頂きましたが、とても濃厚な食感で卵の味がしっかりと感じられる満足感たっぷりのプリンでした。

おすすめはダッチパンケーキ

看板メニューは東京でも話題のダッチパンケーキ。札幌で食べられるお店はあまりないそう。外はパリッと中はふわっとした新食感が特徴です。

店長の三浦さんがイチオシと語ってくれたのが、こちらのブラータのダッチパンケーキ。

とても濃厚なチーズとトリュフオイルが入ったリッチな味わいでメープルのソフトクリームを合わせるとあったかいパンケーキと冷たいソフトクリームが融合して「甘じょっぱい」不思議なマッチをするそう。

「ブラータ」 ¥1,540-

ファットリアビオ北海道のイタリア人シェフが作る最高のチーズを使用した渾身の食事系パンケーキ。イタリア産生ハムとチーズを黒胡椒とトリュフオイルとともに。

ダッチパンケーキは全部で4種。どれも美味しそうで迷います。

「メープルバター」 ¥880-

北海道バターとメープルシロップの王道の組み合わせ

「ベリー~メープルソフト添え~」 ¥1,320-

自家製メープルソフトクリームと北海道産生クリーム、赤い果実のベリーソースがけ
「新鮮野菜と生ハムのサラダ~日本一の温玉添え~」 ¥1,430-

「新鮮野菜と生ハムのサラダ~日本一の温玉添え~」   ¥1,430-

温玉には日本一のたまごを使用。自家製ニンジンドレッシングをかけて

絶品ソフトクリームもお店で手作り

ソフトクリームもおすすめという三浦さん。こちらも店内でこだわって作られています。

味はメープル(¥495)と大人ショコラ←濃いめ(¥550)の2種類。

どちらも絶妙な配合で作られているというソフトクリーム。メープルだけ頂いたんですが、食べてみると鼻にフワッと抜けるメープルの香りと口にスーッと溶ける甘さ。さらっとした食感なので、後味はスッキリしていて全然くどくない。

大人ショコラ←濃いめは、カカオ収穫からチョコレートになるまで60日ですべて工程を終わらせている「60デイズ」というチョコレートを使用。カカオ本来の酸味が感じられるので、大人ショコラと命名されたそう。「でもお子様も全然食べられますよ(笑)」と三浦さん。

店長の三浦さん。優しい笑顔で出迎えてくれます(左が大人ショコラ←濃いめ、右がメープル)

今回のオープンを機に店長としてフェザーホームに入社したという三浦さん。スターバックスコーヒーでのアルバイト経験もあり、コーヒーは一杯一杯ハンドドリップで入れているそう。

「味が美味しいのは大前提として、スタッフの接客も日々磨きながら、さらなる付加価値をつけていきたい。」と三浦さん。取材中もアルバイトスタッフの方が色々対応してくれましたが、とても快い対応でスタッフ教育を頑張っているのが感じられました。

フェザーティーでインスタ映えも

フェザーティーは、一緒に入っているレモンを混ぜていくと化学反応を起こし、水色から紫色に変わっていくという魔法のような美しいドリンクです。お店のショップカラーが水色ということもあり、こちらの紅茶をチョイスしたそう。これはインスタ映え間違いなし。

「フェザーティー」 ¥550-

妊娠中の方や授乳中の方は飲まない方がいい紅茶とのことなので、該当される方は注文をお控えくださいとのことです。

「ドリップコーヒー(アイス)」 ¥440-

その他ドリンクも豊富

コーヒーはディカフェにも変更可能なので、カフェイン取りたくない方でも安心。ショットの追加やシロップの追加もできるので、お好みに合わせてカスタマイズできます。キャラメルマキアートはふんわりキャラメルが香り、ブラックコーヒーの苦みがちょっと苦手という方でも苦みなくこれからの季節にホッとする味です。

「キャラメルマキアート」 ¥583-

「ドリップコーヒー(ホット)」 ¥440-

ご予約はお電話がおすすめ

私が伺った日もオープンと同時にお客様がご来店されていて盛況でした。一番多いのはインスタを見て来るお客様だそう。「SNSの力を感じますね。」と三浦さん。

座席数に限りがありますので、確実に入りたい方はお電話からのご予約がおすすめ。

当日以外の予約はインスタのDMでもOKとのこと。

店長の三浦さんからメッセージ

「席数も限られているのでお待たせすることもあるかもしれませんが、一度食べていただけたらまた食べたいって思っていただけると思いますので、是非一度お越し頂きたいです。」と爽やかな笑顔で語ってくれました。

FEATHER CAFEで、日常をふと忘れさせてくれる非日常体験してみませんか?

FEATHER CAFE(フェザーカフェ)

所在地

〒065-0025 札幌市東区北25条東2丁目2-8

アクセス

地下鉄南北線「北24条駅」から徒歩10分

電話番号

011-792-0584

※当日のご予約はお電話からお願いします。

営業時間

通常 7:00~19:00

※当面の間 11:00~19:00

定休日

毎週火曜日

駐車場

お店前(北側)に3台とお店脇(西側)に1台あります。

WEBサイト

所在地

この記事を書いた人
平野 絵莉菜 ディレクター

三光不動産のSNS担当やってる元営業女子☆ミ
皆様に有益な情報を届けるをモットーに活動中!
フォローやリツイートされるとデスクでにやにやしてます。

PAGE TOP