TOWN

カフェ ヒトデノーツ|たまには時間を忘れて、ホッとしませんか?

緑が鮮やかになり陽が眩しいお天気が続き、
過ごしやすい季節に突入しましたね。

 

今回は、5月最後のおすすめ飲食店のご紹介!
私の地元、札幌市北区「あいの里」のおすすめカフェをご紹介。

かなしいかな、「札幌の郊外でしょ。」だとか「何もない。」だとか言われます。確かに北区の更に北にあるけれども!!
何もないなんてことはない!
近年、あいの里には新しいお店が増え、平成14年からはニュータウン開発が始まり、「南あいの里」という住宅街が増え、今まで以上に活気ある町となっています。

前置きが長くなりましたが・・・

カフェ ヒトデノーツ(Cafe hitode notes)

外観が可愛くて素敵!窓枠の青が爽やかです。
看板には、お店の名前「ヒトデノーツ」のヒトデとノーツ(音符)の絵が。


広々とした駐車場も設けられていて、私が行った時は3台停まってぴったりでした。

早速中へ。
「いらっしゃいませ~」とご夫婦お二人が出迎えて下さりました。

私が行った時には、お二人様とおひとり様のお客さんがいました。
店内は、スローテンポの心地の良い音楽が流れ、時間がゆっくりながれているような、落ち着く空間。
流れている音楽や、照明、小物、全体のレイアウトはすべて店主の旦那様のセンスなのだそう。

店名の由来は、お二人とも海の近くで育った為、
「海」を連想させるヒトデと、大好きな音楽の「音符(ノーツ)」を組み合わせたとのことで、
店内の内装には、海やヒトデをモチーフにしたインテリアが沢山あり、涼しげです。

 

 

席に着き、メニューを見てみる。
当初は、ネットで皆さんが美味しい!と絶賛していた、「半熟ゆで卵のマサラカレー」をいただこうと思っていたのですが、ケーキメニューを見た瞬間、甘いものが食べたい気分に変わり・・・笑
ヒトデノーツさんは、珈琲が美味しいとも聞いていたので「シフォンケーキ・セット」に珈琲を付け、更に、甘党ではないのに、「レアチーズケーキ」も単品で頼む私。大丈夫なのだろうか。最終的にはそんな心配いりませんでした。

間もなくして、珈琲とケーキが到着です。
まずはシフォンケーキ。
道内産ゆめぴりかの米粉とライスオイルを使った米粉のシフォンケーキ。
甘さ控えめ、しっとりふわふわ。添えられた生クリームの甘さと相まって丁度よく、パクパク食べちゃいました。
外側が少しサクッとしていて、美味しすぎました。

次にレアチーズケーキ。
なんとこのレアチーズケーキの土台は先ほどの米粉のシフォンケーキ!珍しい!
こちらも、くどくなくさっぱりしていて、レアチーズの部分は優しい酸味があり、少しもったりと、硬めに作られていて、土台のふわふわのシフォンケーキと良く合います。
美味しくて美味しくて、ちみちみと大切に食べました。

(私としたことが、珈琲の写真を撮らずに食べることに集中してしまいましたごめんなさい。)
珈琲は是非ブラックで飲んでほしい。ハンドドリップで淹れられる珈琲は程よい苦みとコクがあり、すっきりしているのでスイーツとの相性抜群なのです。
ブラック珈琲が苦手な方でも、飲んでいただけるのではないでしょうか。

 

お邪魔させていただいた時は夕方頃だったのですが、
窓から気持ちの良い風が入り、外で遊ぶ子どもの声が遠くから聞こえ、癒されました。

「ゆっくりとして頂けるような空間作りをしています。」と、奥様。

本当にゆっくりできました。居心地がとても良かったです。
(結局2時間程居座ってしまいました。すみません・・・)

 

静かなあいの里に来て、ヒトデノーツさんのホッとする空間で、
美味しい珈琲やお食事を是非堪能してみてはいかがでしょうか。

カフェ ヒトデノーツ(Cafe hitode notes)

住所:札幌市北区あいの里3条6丁目19-31
JR学園都市線 あいの里教育大駅より 徒歩10分
電話番号:0112291281
営業時間:11:00~18:00(日曜営業)
定休日:月曜・第1・第3火曜日

所在地

この記事を書いた人
アバター
小田中 早希 ライター

音楽と面白いこと、美味しいお酒が大好き。イエッタの中の人。物件の紹介は営業の方に任せ、ただひたすら札幌市内の素敵な飲食店なんかを見つけては仲良くなりに行く。中の人。

PAGE TOP