TOWN

『さっぽろ麺屋 文太郎』弊社スタッフが日々食べて飽きないラーメン。

アパマンショップ東区役所店すぐ裏。アドバイザー達が連日通う、飽きの来ないラーメン

こんにちはー!

たまにグルメレポートも書く不動産屋のWEB担、のあです。

いやー、正直言って、苦手なんです。

ラーメンの紹介って。

なにせ、人によって好みがハッキリ別れて、奥があまりに深くて、それこそラーメン専門のライターさんやメディアまで存在する。

生半可な知識じゃおいそれと書けないんですよ。ラーメンは奥が深い…

でも、それでも。今回は、果敢にやります。ラーメン紹介。

高岡ビルの入口さっぽろ麺屋 文太郎 看板

4月に、アパマンショップ東区役所店さんと、コラボイベントにご協力いただいたこちらのお店。

『さっぽろ麺屋 文太郎』さん。

地下鉄東区役所前駅から東8丁目「北光線」を南に。

札幌市東区役所の真向かいにあるのが、アパマンショップ東区役所店ある「高岡ビル」

その中通路に、『文太郎』はあります。

看板から、この通路を抜けて…

さっぽろ麺屋 文太郎 行灯高岡ビル 中通路

この中通路を進んでいくと…

さっぽろ麺屋 文太郎 店頭

文太郎ののれんが見えてきます。

さっぽろ麺屋 文太郎 店主 成田さん

ここは、アパマンショップ東区役所店のアドバイザー達が愛するラーメン店。

今年で4年目という文太郎。店内は壁に向かうカウンターと、テーブルがひとつ。

こじんまりとした店内には、プロスポーツ選手のサインも飾られるほど、「知る人ぞ知る店」としてじわりじわりと常連客を作ってきた、そんなお店です。

東区役所前駅エリアは、賃貸住宅はもちろん、市営住宅や区役所、専門学校や高校が集まるエリアだけあり、「学生さんからご年配の方まで幅広いので、可能な限り低価格で提供できるようにしています」と成田さん。

オーソドックスな醤油、塩は550円というリーズナブルさで、当社スタッフも非常に助かっています。

豚骨100%のスープは、背脂と炒め野菜が絶妙にマッチ。僕はいつも塩らーめん(550円)でこのスープを楽しんでいます。

一番人気は『味噌らーめん』(600円)。甘味噌を使った味噌ラーメンは札幌では珍しいのだとか。

辛味噌らーめん 700円

辛味噌らーめん 700円

そしてその味噌をベースに、数十種類のスパイスを調合した『辛味噌らーめん』(写真・700円)が、辛さは好みに応じて5段階からチョイス可能でこの時期人気とのこと。

甘味噌ベースにとんこつ背脂スープの旨味が、辛さの中しっかり奥行きとなって感じられます。

店主の成田さんも東区役所前駅エリアにお住まい。

「札幌市内だいたいの区に住みましたが、東区のこのあたりは今までで一番気に入ってます。越してきて7年になりますが、ぜんぜん飽きないですね。飲食店もスーパーも多いし、札幌駅まで二駅ですからね、その気になれば歩ける距離ですし」と、東区役所前駅エリアにをかなり気に入っているようす。

「大きな公園もあって、お盆にはお祭りも開催されるんですよ。すごくおすすめです」とのこと。

リーズナブルで美味いラーメン。これこそ『近所にあったらうれしいラーメン屋さん』の条件だと思うんです。

東区役所前駅エリアに住んで、文太郎でラーメンを食べて帰る生活、してみませんか?

さっぽろ麺屋 文太郎

所在地
札幌市東区北11条東8丁目1-3 高岡ビル1階 アパマンショップ東区役所店裏
営業時間
11:00〜20:00
定休日
日曜日

所在地

この記事を書いた人
のあ
のあ ietta編集

もとWEB制作会社コーダー兼ディレクター兼広報。昔はタウン誌の編集もしてた人。流れ流れて三光不動産のWEB担に。家付きのガレージに住むのが夢。

PAGE TOP