LIFE

天気を感じるIoTサイネージ『QM weather.(クムウェザー)』本日発売

クムウェザー デスクで。

「えっ!今日って雨予報だったの!?」

先日、あるスタッフが窓の外に降りしきる雨を見ながら悲痛(?)な言葉を発しました。

僕は毎朝、天気予報アプリを見る習慣がついていて、その日はしっかり傘を持参しましたが、そのスタッフは天気をチェックするクセは無かったようで…

と、いうか、きっとそういう人のほうが大半なんじゃないかと思うんです。

忙しい朝、バタバタしながらスマホを開いて天気予報をチェックするのって、結構なコスト。

いちいち「スマホを開く」んじゃなく、チラ見で天気がわかると良い。

インテリアとしてもセンス良く。

『QM weather.(クムウェザー)』は、まさにそんなガジェット。

天気アイコンの光り方と色で天気予報を映し出す、天気を感じるIoTサイネージです。

ベッドルームで

スマートフォンアプリから天気予報を表示したい地域を設定すると、自動的にインターネット上の天気予報を取得し。

現在の天気をアイコンの”点灯”で。
設定した時間帯の天気をアイコンの”点滅”で。
予報気温を”光の色”で表現します。

季節や地域、個人の体感温度の違い、起床時間などに合わせ、お好みのパーソナライズ設定ができます。

玄関に

身支度中や、外出時の玄関先でのわずかな時間でも、一目で直感的に天気・気温の予報が確認でき、洋服のコーディネートや傘が必要かなどをスマートに判断できます。

「QM weather.」は、4組のデザイナー(QM、artless、京源、Digital Habits)とコラボレーション。

それぞれのデザイナーの解釈による個性的な天気アイコンのデザインと、4種類のウッドカラーから選べます。

今日から蔦屋書店(中目黒店、柏の葉店)、二子玉川 蔦屋家電、NU茶番町で先行発売開始。

札幌で手に入れるには、ECサイト『KAMARQ』などで販売予定。

詳しくはWEBサイトhttp://qmweather.jp/をご確認ください。

商品概要

  • 商品名 :「QM weather.(クムウェザー)」
  • 希望小売価格 :13,000円(税別)
  • 販売場所 :7月20日より蔦屋書店、NU茶屋町にて販売開始。KAMARQのECサイト他、順次拡大予定。
  • 企画・販売:株式会社QUANTUM
  • 製造・システム開発・運用:KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD
  • 企画協力:artless Inc.
  • 商品ウェブサイト:http://qmweather.jp/
この記事を書いた人
のあ
のあ ietta編集

もとWEB制作会社コーダー兼ディレクター兼広報。昔はタウン誌の編集もしてた人。流れ流れて三光不動産のWEB担に。家付きのガレージに住むのが夢。

PAGE TOP