LIFE

Kindleの最上位機種『Kindle Oasis』最新版発売

どもども、書籍リーダーはKindle Paperwhiteを愛用しています。イエッタ編集ののあです。

タブレットやスマートフォンにもKindleアプリはありますけど、そこはやっぱり専用機。文庫本に近いサイズ感、目の疲れ方、手と腕の疲労感がぜんっぜん違うんですよね。

今はマンガに最適化した「マンガモデル」もありますが、個人的には小説やビジネス書のような活字モノは紙の本よりもイイんじゃないかと思うわけです。

そんなAmazon Kindleシリーズ、最上位機種の『Kindle Oasis』の新モデルが10月31日に発売になります。

Kindle Oasisイメージ1

Kindle Oasisは、Kindle電子書籍リーダーとして最大の7インチ300ppiの最高解像度ディスプレイを採用。ページ当たりの文字数を30%以上増やしページめくりの手間を軽減、マンガもより大きく表示でき、その速度もKindleシリーズで最速となっているとのこと。

ディスプレイの明るさを均一にするフロントライトにより、明るい日差しの下でも光の反射を気にせず、本物の紙のような読みやすさを実現。

人間工学に基づいて設計された、手の中にしっくり収まるグリップと、そこに設置されたボタンがページめくりをより簡単にしてくれています。

Kindle Oasisイメージ2 カバー

さらに新モデル用のカバーも発売。水に強いファブリック素材(インディゴ、サンドストーン、チャコール 各5,280円(税込))と高品質なレザー製(ミッドナイト、メルロー、 サドルタン各7,180円(税込))、が用意されています。

Kindle Oasisの価格は、8GBモデルが33,980円(税込)、32GBモデルが36,980円(税込)、32GBの3G付きモデルは44,980円(税込)。

Amazonプライム会員なら4,000円OFFになるKindle Oasisで、読書の秋をもっと楽しんでみませんか。

詳しくは http://www.amazon.co.jp/kindleoasis こちらのページをご覧ください。

この記事を書いた人
のあ
のあ ietta編集

もとWEB制作会社コーダー兼ディレクター兼広報。昔はタウン誌の編集もしてた人。流れ流れて三光不動産のWEB担に。家付きのガレージに住むのが夢。

PAGE TOP