LIFE

Amazon Echo日本発売!ところで、スマートスピーカーって何?

いまさら聞けない?スマートスピーカーにできること

ども、家電大好きイエッタ編集ののあです。

去る11月8日、Amazonはクラウドベースの音声サービス『Amazon Alexa』の日本語対応と、Alexa対応のデバイス『Amazon Echo』『Echo Plus』『Echo Dot』の日本国内での展開を発表しました。

「Alexaをともに作り上げ、進化を支えてくださるお客様を対象とした招待制」での販売とのことで、Echoを誰もが購入できるようになるのはまだ先になりそうですが、Googleからは一足早く先月『Google Home』と『Google Home Mini』が日本国内販売をスタートしています。

さらにソニーやパナソニック、オンキョーなどの家電や音響メーカーからも、Amazon AlexaやGoogle Homeに対応したスピーカーが続々登場。

Appleも日本導入は未定ですが、12月に『HomePod』をオーストラリア、英国、米国から販売を開始します。

…とまあ、今年はこの『スマートスピーカー』や『AIスピーカー』と呼ばれる製品が一斉にスタートした年として記憶されることになると思うんですけども。

結局、スマートスピーカーって何なん? ってことで、かんたんに調べてみました。

話しかけたら応えてくれるって、何を応えてくれるの?

iPhoneを使っている方なら「Hey!Siri!」、Androidスマホを使っているなら「OK! Google!」と話しかけたことが1度はあるでしょう。

「OK Google!  今日の天気は?」「Hey!Siri! 音楽かけてー」と話しかければ、言うことを聞いてくれますよね。

個人的な感想ですが、特に運転中はこの機能が便利で、カーオーディオに接続したiPhoneによく話しかけて選曲したり天気予報を調べたりしてます。

今回発売になったAmazon Echoのプレスリリースでは、「Alexaに話しかけるだけで、質問への回答や音楽の再生、ニュースの読み上げ、タイマーやアラームのセット、カレンダーのチェック、スポーツの試合結果の確認、さらには、部屋の照明のコントロールなど、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoは、遠隔音声認識技術により、部屋中の様々な場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。」とあります。

『部屋の照明のコントロールなど』、ここが重要なポイント。

部屋の家電や照明をスマートスピーカー対応の機器に変えていけば、それらを声でコントロールできるようになるんです。

 

スマートスピーカーにプラス、これがあれば毎日が変わる…?

外出先からの操作やAIスピーカーに対応した超小型スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」12月1日発売

外出先からの操作やAIスピーカーに対応した超小型スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」12月1日発売

いくら一番小型で安価な「Echo Dot」を買ったとしても、スマートスピーカー対応の機器を揃えていくのはけっこうな出費です。

そこで、スマートスピーカーに対応した「家電コントローラ」がおすすめ。

12月1日発売予定のスマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」(税込¥7,560)は、赤外線リモコンで動く家電を、Wi-Fi経由でスマートフォンアプリやスマートスピーカーで操作する製品。

本体に搭載の温度・湿度・照度センサーで状況を確認でき、スマートフォンから外出先からエアコンや照明を操作したり、ソファでくつろぎながらスマートスピーカーに話しかけてコントロールできるもの。

赤外線リモコンで動く家電なら、今まで使っていたものをそのまま使用できるので、手軽にスマートスピーカーの便利さを実感できます。

(この製品について詳しくは http://www.ratocsystems.com/products/subpage/wfirex3.html こちらをご確認ください)

対応機器の普及で可能性広がる、スマートスピーカーのある生活

いちばん「手っ取り早い」のが先ほどの赤外線リモコン式のコントローラですが、これからどんどん対応機器が増えてくるでしょう。

ルンバのWi-Fi対応機種はAmazon EchoとGoogle Homeに対応済み

既にロボット掃除機「ルンバ」のWifi対応モデルがAmazon EchoとGoogle Homeに対応。

また、ドアのサムターンに設置することでスマートフォンで鍵の解施錠ができるデバイス「Qrio Smart Lock」も、Amazon Echo対応を発表しました。

「ルンバを使って掃除して」「鍵かけて」とスピーカーに話しかけるだけで、他の家事をしていてもルンバが動き出して、玄関のカギがかかり、照明もテレビもエアコンも動かせるわけです。

これからどんな対応機器が出てくるのか、どんな発展を見せるのか。

まずはお試し気分でAmazon Echo DotやGoogle Home Miniといった安価なモデルからはじめてみてもいいかもしれません。

各社のスマートスピーカーについて詳しくは

この記事を書いた人
のあ
のあ ietta編集

もとWEB制作会社コーダー兼ディレクター兼広報。昔はタウン誌の編集もしてた人。流れ流れて三光不動産のWEB担に。家付きのガレージに住むのが夢。

PAGE TOP