TOWN

愛され続け40年 まるで「あの」世界観な喫茶店。

皆さん、ジブリ映画、お好きですか?

私はもちろん大好きです。
特に魔女の宅急便は私の中で不動の一位。
キキの魔法が弱くなってジジの言葉が分からなくなっちゃうシーン、小さい頃から泣いてしまう。
でも終わり方がハッピーで幸せな気持ちになるんだよな~
久しぶりに見たくなっちゃうな~

 

ジブリ映画の人気ランキングで絶対に上位に上がる作品があります。

雫と聖司くんの恋模様に、思わず胸がキュンっとする、
「耳をすませば」
昭和から平成へと変わったばかりの時代を背景にしている作品だそうで。

今回お邪魔したお店の雰囲気が、
耳をすませばの劇中の街並みに出てきそうな、素敵なお店なのです。

 

苺館

北18条駅から徒歩5分。
実は、5月にご紹介した「カレー魂デストロイヤー」さんの隣にあります!
カレー魂さんでスープカレーを食べて、食後の珈琲タイムに苺館。素敵なコース。

大きい苺が目印。

 

入口から、ジブリ感。レトロな雰囲気でワクワクする。

こんにちは~
既に二人組のお客様が奥のボックス席に。
店内では心地よいバロック音楽がかかっている。

カウンター席に着く。

飲み物の種類が豊富。
マイルドブレンドとストロングブレンドで迷ったので店主さんに聞いてみると、
「マイルドブレンドの方が美味しいですよ!」と。
「じゃあマイルドブレンドでお願いします!」

甘いものも一緒に食べたかったので、食べログなど見て気になっていたパンプキンパイも。
パンプキンパイは苺館ができてから、ずっと愛されているメニューなのだそう。
セットで650円は非常にお安いのではないでしょうか。

 

きました~

ますは珈琲を。
珈琲は酸味や雑味が一切なく、個人的に好みの味。
でも味が深いというか、ブラックなのにほんのり甘さが感じられるというか・・・とにかく深みがある。

そして、パンプキンパイ。
こんなに濃厚なパンプキンパイ初めてです。
しっとりした蒸したかぼちゃをそのまま食べているような、かぼちゃ感が強いパイで美味しすぎる。
かぼちゃが粗めに入っているのも良い。
またこれが珈琲とあ~~~~~~~う~~~~~~~~~~~

 

パンプキンパイを食べながらメニューと睨めっこすると、気になるものが。

アレンジティの「タブラティ(ラム酒入り)」

ラム酒入りのティー?美味しいに決まってる・・・・・

 

 

 

気になるなら頼む。これ鉄則。
運ばれてきた時からほのかにラム酒の香りがして高まる。
改めてまずは深く吸う。芳醇なラムレーズンのような甘い香りがふわっと広がって、幸せバロメーターが上がる。
そして一口。
なんだこれ・・・紅茶とラム酒ってこんなに合うのか・・・上品な味。
寝る前に飲んだら、ぐっすり熟睡できそうな、心地よい味。

 

 

なんて幸せなんだろう。
タイムスリップしたかのような気分にさせてくれる。
店主さんも、落ち着いた時は本を読んだりしていて、なんか平和。
一人でボーっとしたい時、ちょっと現実逃避したい時、物思いにふけたい時にぴったりだと思う。

 

 

 

ずっといたくなる、

「一人で来たい空間」

毎日忙しく過ごしている人も、

苺館で、ゆっくり自分と向き合ってみては?

 

 

苺館の詳細はこちら

https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1002160/

所在地

この記事を書いた人
アバター
小田中 早希 ライター

音楽と面白いこと、美味しいお酒が大好き。イエッタの中の人。物件の紹介は営業の方に任せ、ただひたすら札幌市内の素敵な飲食店なんかを見つけては仲良くなりに行く。中の人。

PAGE TOP