LIFE

モバイルバッテリー搭載でどこでも大画面。短焦点LEDプロジェクター 『G310J』発売

ども。イエッタ編集の、のあです。

部屋をいろいろかっこよくorかわいくしていくと、テレビってすっごく生活感出ちゃいませんか?

そして、大画面テレビって、やっぱりまだまだお高いですよね…

そこでオススメしたいのが、プロジェクター。

手のひらサイズなのに、1m離せば60インチ相当の大画面を壁に映し出せる短焦点LEDプロジェクターが、BenQより本日発売になりました。

BenQ G310Jは、わずか約570g(本体のみ)の手の平サイズで、1mで60型の画面投写が可能な短焦点ポータブルLEDプロジェクター。自宅の部屋はもちろん、約3時間の連続再生が可能なモバイルバッテリー、落下時での本体損傷を抑えるラバーケースもついて、いつでもどこでも楽しめる、機動力の高いプロジェクターなんです。

音楽・写真の他、MS OfficeやPDF形式のファイルなど、さまざまなファイル形式の表示に対応しているので、ビジネスシーンにも使えるのが嬉しいところ。

仕様面ではHDMI端子(MHL対応)、USB端子x2、USBリーダー、microSDカードスロット内蔵、AndroidベースOS内蔵、ミラーリング対応、無線LAN・Bluetooth 4,0対応。2W✕2ステレオスピーカーも内蔵していて、スマホの動画もすぐに上映可能。

もちろんTVチューナーを用意すれば、テレビ放送も楽しめます。

筆者も実は、自宅では小型プロジェクターに地デジチューナーやGoogle Chromecastを繋いで、70インチくらいの大画面で映画やスポーツ観戦を楽しんでます。

存在感と生活感が大きいテレビのかわりに、こんな選択肢はいかがですか?

詳しくはWEBサイト

http://www.benq.co.jp/product/projector/gs1/

こちらをご確認ください。

この記事を書いた人
のあ
のあ ietta編集

もとWEB制作会社コーダー兼ディレクター兼広報。昔はタウン誌の編集もしてた人。流れ流れて三光不動産のWEB担に。家付きのガレージに住むのが夢。

PAGE TOP