SANKO ROOMS

【Aster N15】本物を追求する方に贈るハイグレードデザイナーズ新築賃貸マンション

こちらの物件は現在募集終了しております。

皆さん、こんにちは。イエッタ編集の平野です。

今年もよろしくお願い致します!

今シーズンの札幌は非常に雪が多いですね…

こんな外に出たくなくなる季節…お家が過ごしやすかったり、かっこよかったりするとテンション上がりますよね?

本日は、そんな気持ちに寄り添った弊社管理の新築物件「Aster N15」をご紹介させて頂ければと思います。

Aster N15

デザイナーさんのこだわりが沢山詰まった「普通の賃貸じゃつまらない!私ならこんな物件に住みたい!」を形にした物件となっているそう。

賃貸住宅では中々使用されないものが色々な部分に使われているそうなので、その気になるところをお伝えしたいと思います。

※詳細はスタッフまでお問い合わせください※

こだわりPoint1|ペニンシュラキッチン

キッチンは、カウンターの奥行きが広く開放的なペニンシュラキッチンを採用。

キッチン天板もステンレスではなく、人造大理石天板を使用。汚れが傷がつきにくく、お掃除もしやすい為、女性にも人気です。

こだわりPoint2|キッチンパネル

また今回さらにこだわった要素のひとつがキッチンパネルです。キッチンパネルとはシンクやコンロなどのキッチン周辺に貼る専用のパネルのことです。

色や柄が豊富なので、キッチン本体とコーディネートしてキッチン空間に統一感を持たせたり、調理中の水撥ねや油汚れなどをカバーしたりと使い勝手も向上させ、キッチンを清潔に保つのに重要な役割を担っています。

このキッチンパネルにも高級感を出す為にデザイナーがこだわったこと、それは貼り方と目地を利用することでした。

レンガの積み方のような「馬踏み目地」、ヘリンボーンのような「やはず張り」で、通常の貼り方に比べ、職人の手間と労力が相当掛かる貼り方にこだわりました。

手間と労力が掛かるので、必然的にコストも通常より掛かかってしまいますが、おしゃれなキッチンは壁に拘るというデザイナーさんの強い想いが表れています。

こだわりPoint3|レザー調の建具と黒のレバーハンドル

賃貸では中々使用されていない為、イメージ写真が少ないのですが、建具にはレザー調の強化紙を採用。

1.2Fはベージュ色で3.4Fはダークトーン色とお部屋のコンセプトに合わせて、建具も色を合わせています。

レザー調の建具とは…私も賃貸物件の中でレザー調の建具を使った物件は見たことがないと思います。

全ては室内のトータルバランスを考え高級感を出す為に、デザイナーが特別にオーダーし選定した建具となっております。

細かいポイントですが、そういったところにこだわることで全体的に高級感が増しますね。

また、デザイナーのこだわりは留まるところを知らず、ドアのレバーハンドルの色にまでこだわっています。

「よくどこにでもあるハンドルじゃつまらない」そんな想いから黒のレバーハンドルにしたそう。

こだわりPoint4|コンセプト毎に違うフロアタイル

床材はその空間の雰囲気に大きく影響を与えます。

床材の定番といえばフローリングやクッションフロアですが、最近では手入れがしやすく、デザイン性や機能性に優れたフロアタイルの人気が高まっています。

フロアタイルの良さは、なんといってもそのデザイン性の高さです。精巧な作りで、凸凹感もリアルに表現しています。

パッと見では本物と区別がつかないほど。特に大理石調のフロアタイルはホテルライクなリビング空間を作ることもできます。

1階と3階は木目調のフロアタイルで、2階と4階の床は1枚1枚のタイルの間に目地をつけることでより高級感を演出しています。

1F~4Fのコンセプト

 

お部屋ごとにコンセプトが違うので、ひとつの物件の中でどれにしようか迷うのが楽しいですよね♪

気になるという方は是非イエッタ公式LINEアカウントよりお問い合わせください♬

下記友達追加ボタンを押していただくとLINEへ飛びます:飛行機:

【イエッタ公式LINEアカウント】

友だち追加

この物件に関するお問い合わせ

お問い合わせは、イエッタ公式LINEアカウントより友達追加後トークルームのメニューよりお問い合わせしたい内容を押して下さい。
担当スタッフが随時ご返信いたします。

イエッタ公式LINEアカウント

ietta
友だち追加

この記事を書いた人
平野 絵莉菜 ディレクター

三光不動産のSNS担当やってる元営業女子☆ミ
皆様に有益な情報を届けるをモットーに活動中!
フォローやリツイートされるとデスクでにやにやしてます。

PAGE TOP