LIFE

後悔しないお部屋探し4つのコツ│暮らしを豊かにする知識

「部屋探しって何から始めたらいいのかイマイチわからない」

「とりあえず駅近ければ便利なんじゃないの?」

 

賃貸初心者ならはじめは疑問がたくさん頭に浮かぶのではないでしょうか。

「引っ越しってなかなか思い通りにいかないな・・・」

なんて引っ越し後に後悔したくありませんよね。

 

そんなあなたに、お部屋探しで知っておきたい4つのポイントをご紹介します。

 

「〇〇駅 徒歩〇分」はあくまで“目安”

 

歩くスピードなんて人それぞれじゃないか!・・・ごもっともです。

 「徒歩〇分」と書かれる徒歩所要時間は、

ハイヒールを履いた女性の歩く速さが基準になっていると言われています。

正直「ん?」って感じですよね。だって履いたことないし、想像できないもん。

そして、この徒歩所要時間の計算には

 

・駅の出入り口から改札までの距離

・信号や踏切にかかる時間

 

こういったものが含まれておらず、あくまで“目安”にしかなりません。

「駅までずっと上り坂で通勤辛い・・・」

なんて引っ越してから困るのでは手遅れです。

初めて住む土地で、地形に関する知識はなくて当然。

それでも、毎日通う道になる。

細かくシミュレートする手間は惜しみたくないものです。

 

階数における暮らしのイメージ

 

お部屋を選ぶとき、間取りって大切ですよね。

間取りによって家賃は大きく変わりますが、階数も家賃を決める要素のひとつ。

ここではあえて「階層」の観点から暮らしをイメージしてみましょう。

 

1階

・外からの視線が気になる

・防犯面で不安がある

・なんとなく避けている

マイナスな意見がたくさん聞こえてきそうです。

しかしそればかりではなく、

・エレベーターや階段を下りる必要がないため気軽に外出できる

・階下への足音を気にせず暮らせるため、小さなお子さんのいる世帯に人気

といった点でむしろ選ばれることもある特別な階です。

 

高層階

1階でのデメリットは払拭されます。

周りに高層の建物がなければ窓からの光は明るく、眺望や風通しも良いでしょう。

逆に日差しで室内が暑くなったり、地震の揺れが大きくなってしまったり

良い面ばかりとは言えませんのでご注意を。

 

最上階

最上階は1階と同じく、建物内で唯一無二の個性を持ちます。

上階からの生活音がないため騒音によるストレスが少なく、

防犯面でも他の階より安心です。

それでもやはりデメリットがないわけではありません。

一概には言えませんが、冷房効率が悪く夏場は暑くなりがちです。

 

周辺環境

 

お部屋探しに夢中になってついつい忘れがちなのが、物件周囲の状況です。

毎日欠かさず自炊される方ならスーパーの存在は必須でしょうし、

ゆっくり晩酌を楽しみたい日には、帰り道テイクアウトのできる人気店があると嬉しいところ。

物件周辺のお店を下調べするのも、お部屋探しの楽しみ方のひとつです。

ただ、“周辺環境”とはそればかりではありません。

 

・大きな道路に面していて思ったより騒音が気になる

・夜歩くと明かりが少なくて不安・・・

 

なんてことにならないよう、自分がその環境に居心地の良さを感じられるのか、

事前のチェックを怠らないようにしましょう。

 

最後は自分の目で確認しよう

 

内装写真を見ただけでは細かな部分まで確認することはできません。

自分の目で実際にお部屋を見ておきたいですよね。

チェックポイントとしては

 

・お部屋の雰囲気

・家具を置く場所、動線が確保できるか

・日当たり

・収納の広さ

 

他には水回りの清潔さ、エアコンなど設備の状態も気になるところ。

ネットで検索するだけではこれらの情報は手に入りません。

そこで、生活を具体的に想像するために最も重要なのが、お部屋の内見です。

しかしこのご時世、外出をなるべく控えたいという方も多いのではないでしょうか。

三光不動産では、そんなあなたにピッタリな「オンラインお部屋探し」を実施しています!

 

ぜひご活用ください。

 

暮らしを豊かにするお部屋探しのコツ、いかがでしたか?

引っ越しをする際は、ご紹介した4つのポイントをチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人
あさの

お客様に有益なコラム記事をお届けしたいと毎日模索する日々・・・
最近はダイエット中らしくお昼は野菜ジュースを飲みながら
ライター見習いとして修業中の真面目男子です!
噂によると歌がかなり上手いらしい|ω・`)キニナル

PAGE TOP