LIFE

いざ、スマホカメラ講座へ

こんにちは(/・ω・)/
少し久しぶりになってしまいましたおだなかです。

 

先月「スマホカメラ講座」というものがTSUTAYA新道東店さんにて行われまして、
おだなか、参加してきちゃいました。
とてもとても楽しかった、そしてとてもとてもとても勉強になりました。

 

少しですが、レポしたいと思います!

 

 

写真が上手く撮れない理由はさまざま。
ピントや手ブレ、色味や明度彩度の問題・・・なんだかしっくりこない。
そんな方、いらっしゃると思います。

私も日頃写真にはこだわりますが、全然納得する写真が撮れない時があります。
もっと綺麗だったのに!とか
もっと美味しそうだったのに!とか。

でも!ちょっと意識することで、よりかっこいい写真が撮れるのです。

 

 

 

今回の講師、すずきゆきこ先生。

美容師、美容部員、トータル14年間の美容歴。
「好きなことを仕事にしたい」をモットーに活動中。
写真愛好家として、写真の楽しさ、すばらしさを伝えている。
ニコニコと明るく、綺麗なすずき先生。

 

 

今回の講習で、私が一番勉強になったことの中からこっそりと二つご紹介。

“グリッド線を入れる”

(見えづらいですが・・・)
この白い線がグリッド線。
アイフォンだとカメラの設定から付けることができるのですが、この線の重要性って凄いんですね。
グリッド線を入れることで、被写体に対して水平や垂直を意識できる為、
斜めになったり、アンバランスになったりなどを防げるのです。

物件写真もこのグリッド線を上手に活用すれば、真っ直ぐなかっこいい写真が撮れるということ。

私はこの講習を受けた日からグリッド線を活用しています(笑)

 

もう一つ。

“光の使い方”

光の方向には「順光・逆光・測光(サイドからの光)」の大きく三つがあり、
光を上手く使えるようになると、写真の上達に繋がるそう。

写真を撮る際、逆光に悩まされたことはないでしょうか。
ですが逆光には、人物の表情が柔らかく写る効果と、食べ物を艶やかに撮れる効果などが。

被写体に対して正面から撮る順光は、色鮮やかに撮れ、
測光(サイドから入る光)を利用すれば、立体感のあるドラマチックな写真が撮れるのです。

 

積極的に逆光を使うと、思わぬ素敵な写真が撮れちゃうかも。

 

 

 

 

写真の楽しさ、奥深さを教えて頂け、勉強になりました。
更に、写真の魅力にハマってしまったおだなかでした。

 

 

 

 

 

 

所在地

この記事を書いた人
アバター
小田中 早希 ライター

音楽と面白いこと、美味しいお酒が大好き。イエッタの中の人。物件の紹介は営業の方に任せ、ただひたすら札幌市内の素敵な飲食店なんかを見つけては仲良くなりに行く。中の人。

PAGE TOP