HOW TO

ワンランク上の部屋を狙うなら!ライフアップのためのお得な家計見直し【FP柿谷隆之のマネーコラム】

ネットバンク活用でお得に家計を見直そう

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの柿谷隆之です。
今回も「ietta」でお部屋探しと暮らしに係わるお金についてのコラムを書かせて頂きます。

住まい選びと銀行

住まいを選ぶ時、いろいろなリクエストがあると思いますが、実際に住んでみて近くにあると助かるのが銀行(ATM)ではないでしょうか。しかも、遅い時間まで対応してくれるととても便利です。
今はライフスタイルが多様化していますから、日中に預入や引出、振込のためにATMに行くことのできない人も多いのではないでしょうか。仕事が終わってちょっと離れたATMにわざわざ行ったらもう閉まってた、なんて経験をしたことのある人もいるのでは?

金利と手数料

ところで、皆さんは銀行などに預金口座を複数持っている人もいると思いますが、その口座の金利ご存じですか?
詳しくは知らない人もいらっしゃるかもしれませんが、今の普通口座の金利の多くは0.02~0.05%です。
0.02%ということは、100万円を1年間預けても利子は200円です。仮に1億円預けても1年で2万円しか利子は受け取れません。
バブルの時代には普通預金の金利が2%の頃もありました。この頃なら100万円預けたら1年で2万円、1億円の預け入れなら年200万円!の利子が受け取れました。1億円あれば利子で食べていけると言われた時代です。

預金は超低金利時代 100万円✕0.02% = 200円

一方手数料は昔とあまり変わりません。
15時以降にATMでお金をおろせば108円取られますので、100万円の利息は時間外に2回お金をおろせばあっという間にマイナスです。
銀行にお金を預けておくだけでは増えない今の時代、せめて減ることのないようにしたいものです。

ネット銀行(インターネット専業銀行)という選択肢

皆さんはネット銀行を利用したことがあるでしょうか?
ネット銀行は実際の基本的に店舗を持たずにインターネット上で各種取引を行う比較的新しいタイプの銀行です。

ネット銀行は自前の店舗やATMを持たず、店舗がないために人員も少なく押さえられ、店舗運営コストなどが従来型の銀行と比べてかからないことから、預金金利が高く設定されていたり、お金を借りる際のローン金利も比較的低めに設定されている場合が多く、大きな金額の買い物をする場合には金利支払額を少なくすることもできますので、月々の支払いを少なくして、その分で少し高い家賃のお部屋を探すこともできるかもしれませんね。

ネット銀行は基本的に自前のATMを持ちませんが、提携ATMがコンビニエンスストアに置かれており、利用回数や利用金額によっては手数料が無料になっています。コンビニに設置されている提携ATMは24時間使えるネット銀行もありますので、忙しい人にとってはとっても助かります。

主なネット銀行

  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行など

無店舗でもネット上で多くの取引が行えます

お住まいの地域によっては近くに銀行のATMが無かったり、あっても終わる時間が早くて不便するということもあるでしょうが、豊富なコンビニATMを使えるネットバンクを活用すればそれを気にする必要もなくなります。

ネット銀行によって提携しているATMの種類は違いますが、複数のコンビニが近くにあるお部屋を探せばそんな心配も不要です。地域に密着した情報は仲介店舗に聞くのが一番です。ぜひアパマンショップで希望のコンビニが近くにあるお部屋をリクエストしてみて下さい。

次回は「ワンランク上の部屋を狙うなら!ライフアップのためのお得な家計見直し その2」をお届けします。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士 柿谷隆之
※執筆当時の法令・税制等に基づいて書かれています。

この記事を書いた人
柿谷 隆之
柿谷 隆之 課長

三光不動産が誇る1級ファイナンシャル・プランニング技能士。たまにiettaに寄稿してくれる嬉しい人。

PAGE TOP