TOWN

『土鍋味噌豚角煮専門店 土みそ』ほろほろと柔らかい、豚角煮の専門店

iettaの公開準備も佳境に入った10月末、このコラムに掲載するお店やスポットを探していたある日のこと。

iettaにも掲載しているアパマンショップ北大前店さんのFacebookページに、「豚角煮専門店」を紹介されている記事を発見。

「豚…角煮…専門だと…?」

この飲食激戦の札幌で、角煮だけで勝負してるなんて…
それだけでも、調べる価値がある…!

早速アポを取って、取材に向かってみました。
(掲載が遅くなりましてスミマセン…)

『土鍋味噌豚角煮専門店 土みそ』さんは北14条西3丁目。環状通からちょっとだけ南に下ったビルの1階にあります。

まわりには北大の学生寮やマンション・アパートが立ち並ぶエリアで、喫茶店やスープカレー店などもちらほら。

「味噌豚角煮」一本で勝負するには、ライバルが多そうな地域です。

メニューは『味噌角煮定食(800円〜)』『肉だくカレー(750円〜)』『味噌つけうどん(780円〜)』の3種に、様々なバリエーションが用意されているスタイル。

さらに『炙りビーフ丼(900円〜)』『炙り角煮定食(880円〜)』などの派生メニューもうまそう…

まずは定番の『味噌角煮定食(800円)』をオーダー。

「もともと東区の伏古にあったというこちらのお店、2015年2月に現在の場所に移転したんです」とは、店主の本田さん。

待つこと数分、味噌の香りとグツグツという土鍋からの音が…

ああっ、動画で紹介したいこのグツグツ感…!

「味噌は八丁味噌や赤味噌など数種類をブレンドして、試行錯誤して今の比率になったんですよ。昔はもっと赤味噌が強かったんです」

ほうほう、なるほど。さっそく一口…

や…やわらかっ!

5時間弱火でじっくり煮込んでいるというこの角煮、ホロホロで、脂身がプルプルで…

う…うまい…!

想像していた「ガツン」とくる味噌じゃなく、本当にやさしい味。

八丁味噌の角もなくまろやかで、この味噌そのまま飲めそうな勢い(というのはちょっと大げさ?)

「優しい味」と表現すると、白いごはんには物足りなく感じられるかもしれませんが、そこがまた絶妙に合う優しさ加減。

この味噌、「うなぎ屋さんのタレ」のように減ったらまた継ぎ足し継ぎ足ししているそうで、このうまさはブレンド比率だけじゃなく、このお店の時間が作り出したものなのかも。

「移転してきてまだ1年経ってないですが、このあたりは学生さんだけでなく、ご年配の方も多く住んでいる印象ですね。札幌駅まで近くてご年配の方も便利なんでしょうね。もうすぐ近くにマンションもできるので、また人の流れが変わるかもしれません」とは本田さん。

「9月から、お仕事帰りや大学生のサークル帰りに寄っていただけるように営業時間を変えました。ぜひ、晩ごはんに使ってほしいですね」

晩ごはんにちょっと寄れるのは嬉しいじゃないですか。

こんなお店が近所にある、北12条駅〜北18条駅エリア、住んでみたいと思いませんか?

土鍋味噌豚角煮専門店 土みそ

札幌市北区北14条西3丁目1-31
TEL:011-300-4657
WEBサイト:http://domiso.jp/

営業時間

平日 11:00〜22:00
土祝 11:00〜16:00
日曜定休

この記事を書いた人
のあ
のあ ietta編集

もとWEB制作会社コーダー兼ディレクター兼広報。昔はタウン誌の編集もしてた人。流れ流れて三光不動産のWEB担に。家付きのガレージに住むのが夢。

PAGE TOP